勉強道具

心に寄り添う心理カウンセラーの仕事|必要な資格や経験を知ろう

実務での応用は幅広い

女性

勉強する人は増加傾向

心理学とは、目に見える行動と見えない行動の関係を、様々な角度や状況から研究、分析する学問です。もっと簡単にいうと、こういう気持ちや状態の時にはこういう行動を起こしやすい、などの心と体の行動を勉強することです。心理学は昔から関心の高い学問であり、その結果多くの有名有力な学者や研究内容が発表されてきました。そして近年、テレビや書籍などのメディアを通じて、その内容は研究者等のみならず、一般人の間でも人気が高まり、広く普及し始めています。その結果、大学や専門学校などで気軽に心理学を学ぶことができる環境になりつつあり、毎年多くの人が勉強を通じて、心理学に関する多くの資格取得に励んでいます。その傾向は今後も変わらないことが予想されます。

基礎知識や概要

心理学を学ぶと、たとえば医療の現場や教育現場などで、カウンセラーとして働くことが可能になります。そのためには、単に心理学を学ぶだけではなく、一定水準以上の能力や経験を求められることになります。そこで、それらを測るための目安となるのが、心理学に関する各種の資格です。心理学に関する資格といっても、実際には国家資格に該当するものは存在せず、その多くは民間資格や各種認定ということになります。そういう意味では、それぞれの資格や認定を取得する意味というのは、あまり無いという考え方も出来ますが、もちろんそうではありません。資格や認定を取得する意味というのは、それぞれの制定された水準以上の知識や能力を有していることを客観的に証明でき、また資格や認定を有しているという信頼感を保つことが可能になります。現在において心理学には、犯罪や健康、産業や臨床など、実に多くの種類が存在しています。心理学に関する資格や認定を取得することで、様々なメリットを教授することができ、またそれは職業人としてのモチベーション管理にも役立つことでしょう。