勉強道具

心に寄り添う心理カウンセラーの仕事|必要な資格や経験を知ろう

厚生労働省認定の資格です

鍼

どのような資格でしょうか

鍼灸師とは、はり師ときゅう師の国家資格を所持しているものを指します。もともとはり師ときゅう師は別々の国家資格です。しかし鍼灸師を養成する専門学校では同時に単位を取得できるので、両方とも受験することが可能です。あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師等に関する法律があり、はり師ときゅう師はその法律によるはり師国家試験にそれぞれ合格したものを指します。よって鍼灸師という名称は法律上のものではなく、通称のようなものです。鍼灸師になるには、鍼灸師の資格をとるための知識を養う専門学校に通う必要があります。基本的に、柔道整復師の専門学校で鍼灸のコースを設けているところがほとんどで、そちらを受験する人が大半です。

どこで学べるでしょうか

世界保健機関で鍼灸の有効背を認めたものには、以下のものがあります。運動器系疾患、消化器・呼吸器系疾患、疼痛性疾患、循環器系疾患、泌尿器・産婦人科系疾患、感覚器系疾患、小児疾患などです。鍼灸には大まかに分けて2つあり、それは「日本鍼灸」と「中国鍼灸」になります。基本的に専門学校ではこの2つを学べますが、養成施設によっては美容やスポーツなど、一つの分野に特化した鍼灸も学べるところがあるようです。若返りや美肌などのアンチエイジングなど現在話題ですし、スポーツ選手やそれを目指す人たちも多くいます。それらの人たちが多く利用するのが美容やスポーツの鍼灸で、現在専門学校でも利用者の増大により授業に力を入れている分野です。